散歩

五稜郭公園の紅葉に行ってきました(2017年10月24日)

更新日:

函館の紅葉は、東京の1か月遅れ・・・

そんなイメージがあったので、
まだちょっと先かと
のんびりしていたのですが、

ふと思い立って、
10月24日に五稜郭公園に行ってみたところ
入り口で「あれれ・・・遅かった?」な状態に(苦笑)。

 

実際に見終わって見頃だったかと聞かれると、

もしかしてちょっと遅かったかなあ~
という感じはありますが、

落ち葉が緑のじゅうたんに
散らばっている様子がキレイでしたし、

色づいた葉っぱが残っている木も
ありましたので、秋を十分堪能できて、
私的には行ってよかったと思います。

 

 

では、五稜郭の場所です。

 

 

観光で来たときは、時間もなかったので
タクシーで行きましたが、

一応、「半・地元民」になったので
今回は市電で「五稜郭公園前」で降りて
そこから歩いてい向かいました。

ただ、この市電の駅から五稜郭まで
意外に距離があって、

函館市のHPによると
徒歩18分かかるということですから
バスかタクシーを利用された方が良いかもしれません。

 

入り口を入ると橋が見えてきます。

 

 

函館のケーブルテレビの定点カメラで
紅葉の様子をうかがっていたのですが、
テレビで赤く見えていたのは、
キレイに刈り込まれた
こちらの「さつき」の木だったようです。

 

 

紅葉というと、
京都のもみじのような真っ赤なものを
思い浮かべますが、

ここ五稜郭の紅葉は
真紅というよりは、
黄色~オレンジといった色合いです。

 

 

藤棚をすぎ、後ろを振り返ると
木々の間から五稜郭タワーが見えます。

タワーの向きがここからだと
逆光になってしまって、
写りがイマイチですが・・・

  

 

ちなみに、5月10日ごろに
初めて函館を訪れたころの五稜郭公園への
入り口はこんな感じです。

 

 

黄色くなっているもみじですが、

葉っぱから水分が抜けてカサカサしていているので
これ以上赤くならず、このまま落葉しそうです。

 

 

でも、薄いオレンジも
逆光でみるとなかなかきれいです。

 

 

函館奉行所の手前の
「大砲」のところまで進んできました。

 

 

こちらが、2010年(平成22年)に、
庁舎の1/3の規模で復元された函館奉行所です。

 

 

内部も写真撮影は自由なのですが、
それをHPに掲載するには、別途許可が必要だということで
こちらでお見せすることはできませんが、

昔のトイレや箱館奉行が接見に使用した部屋などを
見学することができます。

 

先日行ったときは、人通りも少なく
誰も興味を示していませんでしたが、

着物や新撰組の羽織を着て
写真を撮ることもできたりします。

私も5月に訪れたときは、
旅の恥はかき捨て・・・とばかりに
新撰組、青バージョンを着させてもらいました。

 

 

 

 

函館奉行所の裏手です。

 

 

緑のじゅうたんに落ちる枯葉もキレイなので
掃除をせずに、そのままでもいいような気がしましたが、
落ち葉を係りの方たちが集めておられました。

 

落ち葉を集めるなら普通「熊手」かな・・・
と思うのですが、

何と、「ブロワー」っていうんですかね
空気で落ち葉をバアーーっと
吹き飛ばしておられたのを見て
今どきはこれか・・・と関心して見てしまいました。

 

そこから、5角形の外側に向かって歩いていくと、
このような階段がところどころあります。

 

 

で、これを登っていくと
「堤」のような散歩道に出られますので
ぜひ歩いてみてください。

 

ご覧のような土の道なので、
ヒールを履いているとちょっと
靴が傷んでしまうかもしれませんが、

 

 

 

秋は緑と赤のコントラストがキレイですし、

 

 

秋はこんな感じに見えている桜並木も、

 

 

春にはこんな風に桜色に染まります。

 

 

当然、春の桜は有名ですが、

実は春のお花見シーズになると
この五稜郭の中で地元の人たちは
お花見をしながら「焼肉」をするんだそうです。

ちょっと信じられない話なのですが、
お花見しながら「焼肉」って・・・

ちょっと見るのが怖いです。

 

初めて五稜郭を訪れたときは
既にソメイヨシノは終わっていたので
ピーク時にどうなるのかは
まだ未体験ゾーンですが、

本当に焼肉パーティになるのなら
朝早く写真を撮りにいかないと
ブルーシートだらけに
なってしまうのかもしれません。

 

実は五稜郭の紅葉は
あまり期待しないで行ったのですが、

緑・黄色・オレンジ・赤と
いろんな色がお互いに映えていて
私的にはかなり満足しました。

 

 

イチョウも、並木とはいきませんが、
ところどころにあって楽しめます。

 

 

こうして五稜郭の散歩も終わったのですが、
ここまで来たら、〆の「五稜郭タワー」
に行かないわけにもいかないので登ってきました。

う~ん、あそこからあのあたりまで
ぐるっと歩いてきたのね。。。

とか思いながら、
改めて上から見てキレイだなあ~と思います。

 

 

ちなみに、こちら(↓)が5月10日ごろの
五稜郭タワーからの眺めです。

濃淡のレベルがあってないかもしれませんが、
実際に歩いていても秋の方が緑が豊かな感じがしました。

 

 

最後におまけで、
函館市内の様子です。

右手上方のちょっと「ひょうたん」型に
見えるところが「立待岬」で、
前方が「津軽海峡」をのぞむ海です。

 

 

函館の紅葉なら、
「ダム公園」「笹流ダム」と「香雪園」
なども有名ですが、

バス便も少なく、
訪れるには不便な面がありますので
近場で紅葉を楽しみたいという方には
五稜郭公園はおススメできるポイントだと思います。

ぜひ行ってみてください。

 

-散歩
-, , ,

Copyright© 札幌を歩く , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.